25歳、四捨五入で三十路という現実

こんにちは、否男です。

今にも折れそうな腕でデスメタルっぽさ溢れるポーズを決めてますがデスメタルには詳しくありません


中学生の時ホルモンに爆ハマりした私ですが中学生も既に10年前の出来事・・・



そう、何を隠そう本日5/25は私の誕生日なのです。

あーあ、もう嬉しくねえよ。


いや分かる、正直俺はまだ若い

そりゃさあ、40代50代はモチロン80代の人間からしたら俺は若ェよ。

でも周り見てみ?そこら辺の高校生何歳よ?

高1で16歳?高3で18歳?? おい7個も下じゃねえかよ何なんだよお前。
中3で15歳??? お前10個も下じゃねえかよ意味わかんねえなお前。


10年って何? 齢0にしてこの世に産み落とされ言語や常識を学び自我が形成される10歳までの期間を一瞬の内に過ごしちまった訳?この俺は。

いつからだろうか、誕生日までの日数を1か月前から数えなくなったのは。

むしろ何故あの頃は誕生日が楽しかったのだろうか?

欲しかったゲームが買ってもらえるから?何も成し遂げていないのに不特定多数の人間に祝ってもらえるから?



いや俺がこの世に生を受けた記念日なんだが、盛大に祝えや雑魚が。

いやしかし本当この歳になって誕生日を迎えるのが嬉しくない感覚、答えは出ている。



何も成し遂げていない1年間を祝われるという強迫観念。



結果こそが全ての社会において過程も無しに唐突に祝われることに俺達は慣れていない。

総意のように俺達と発したが実際は「俺」なのかもしれない。


俺は仲間が欲しかっただけなんだ・・・。
誕生日強迫観念友達、もとい1年間何もしてこなかった友達が・・・。

まあ愚痴っぽくなりまちたが果物ゼリ―食べた!美味しかった!

ブログ写真久しぶりすぎて反対に持ってました。


笑いたいだけ笑えよ、死ぬまで。

そんなわけで未来に向かって発進します!


今日みたいに緩いブログを更新しまくる予定なので毎日チェックしに来やがれ!


(指先は未来の死を指しています)

周りに広めろ、絶対
目次