【あつ森】~第2回~ ちゃちゃまると過ごす無人島生活

こんにちは、ヲーメンです。


はやくも第2回ですが、前回は見ていただけたでしょうか?


一応『第○回』とカウントはしていくものの、
ストーリー物ではないので

「どこから読んでも楽しめる」

ブログを書けるよう頑張ろうと思います。

そんなことよりちゃちゃまるを と言う方が居るので、
さっそく本編に入ろうと思います。


目次

翌日、さっそく請求書が

【あつ森】狂った私

昨夜、意味不明な発言を残し眠りに着いた私↑


そんな訳で朝を迎え、
テントを出るとたぬきちが出迎えてくれました。

絶望の起床とはこの事を言うのでしょうか。

朝の心地よい目覚めから一転、現実を突き付けられます。


諸々あわせて合計49800ベル

ん?
これ、安いのでは?


このご時世、国内旅行でも片道50000円~くらいかかります。

skyscanner

渡航費に加えスマホや人件費、
無人島の契約込みとすると大赤字なのでは?


Googleで『たぬきち さ』と検索するだけで

『札束風呂』『搾取』なんて言いがかりをつけられているたぬきち
こんな言われようですが

もしや” 搾取してる側 “は我々なのでは?

と、真面目に考えましたがこの世界での通貨は『ベル』でしたね。


うっかりゲームと現実を混合し、教育委員に

「ゲームと現実世界の区別が付かない危ない奴」

と認定されるところでした。

そんな請求でしたが支払いは『マイル』でも良いそうです。

島を堪能すればマイルは溜まるらしいので楽しむとします。


ちゃちゃまる、釣りに挑戦

島を堪能していたらちゃちゃまるに出会いました。

なんと釣りに挑戦しているようです。

魚の影も無い釣り堀に期待を寄せるちゃちゃまる

つぶきちも不思議そうに凝視しています。

感情を失ってしまったのでしょうか?

「招待客間違ったかも」

そんな声が聞こえてきます。


しかしちゃちゃまるは魚が目的なのでしょうか?

何か別の目的があるのではないか。

『魚を釣る事だけが釣りじゃない』
そう教えられた気がしました。


それなら話を聞こうと私は話しかけます。

目的は魚釣りでした

ここまで涙目になっていると

「いや、そこ魚おらんよ笑」

なんて大学生ノリで教える事も心苦しい状況です。

いや余計教え辛い。

笑顔の彼をどん底に落とすなんて事は出来ません。

こんな笑顔で魚の居ない釣り堀に竿放る現状が面白くなってきました。

なんだその服、どこに売ってるんだ。
西松屋?

ついに魚影、現る

「魚居ないよ」

その一言が言えず島を歩き回りました。


2週ほどしたところでしょうか、
ちゃちゃまるにチャンスが訪れます。

!!!!!!!!!!!

待ちに待った魚影です。

『人事を尽くして天命を待つ』

ちゃちゃまるは身を持って私に教えてくれたんですね。


ありがとう・・・!

待ち望んだ魚影、さあ釣ってくれ・・・!


この島1番の大物を釣るんだちゃちゃまる・・・!


とったどーーーーー!!!!!!

なぜ争いは起きるのか?

私には分かりません、
ただ1つだけ言わせてください。

「この世は弱肉強食である」

と。


さすがのちゃちゃまるもこれにはお怒り。

追いかけるなと釘を刺されてしまいました。

さすがの私もこれには反省。


ちゃちゃまると仲直りしよう

あんなに酷い事をしてしまったので仲直りをしましょう。

ちゃちゃまるの家に突撃です。

なんとも言えない表情で待ち構えていました。

そしてテントの中には寝袋、
ここである事に気が付きます

殺風景に狂ってしまった私

「あれ?そういえば私は簡易ベットだったような」

何かと闇を感じますが今はそれどこではありません。

私はちゃちゃまると仲直りがしたいのです。

とりあえず謝るために話しかけましょう。

完全に切り替えてた

時を刻めば忘れるタイプなのでしょうか。

兎にも角にも仲直りできたので、
1時間くらいテントの中で喋るとしましょう。


しかし夜も遅いため

遠回しに『帰れ』と言われてしまいました。

これも彼なりの優しさなのでしょう。

なんて言いヤツなんだ・・・

埋め合わせ宣言、
更には『また今度』と約束もしてくれました。


同じ生きる者としてワンランク上の存在
そんな印象さえ抱けます。


それでは今日は帰りましょう。

え????????

もうちょっと我慢出来ただろ

失敬、あまりにも感情が出ててびっくりしちゃいました。

ここまで素直に体に出ると好感さえ持てます

アレほど笑顔だった彼も、
話が終われば私は居ないものとなってしまいました。
(アレほどの笑顔)

うーん、人間関係はとても難しいですね。

言動や行動にはくれぐれも注意したいところです。


幽霊に遭遇

歩いてたら幽霊が居ました


驚かされる側も飽きてきたので

「脅かしてやろう」

と後ろから飛び込みました。

私が幽霊になってしまったようです

とまあ冗談はさておき、
私が脅かしたせいで『魂』が飛んでしまった様子。

いくら脅かしたと言っても体の一部を拾わせるのは怖すぎません?

さすがに初対面の人に魂を拾わせるなんて・・・

やりましょう

というか先に言ってくれれば即探したのに。

「もっと早く言ってくださいよ~笑」

と言いたい気持ちを抑え探しに行くことになりました。

ちなみにゆうたろうを捕まえようとしたら案の定

「いや本体じゃ」

と威圧されてしまいました。


もっとフランクに生きろ。

いざ魂集め

とりあえず島を走り回ると1つ目を見つけました。

あの『魂』を5つ捕まえるという、
クソ面倒な事になりましたが報酬には目がありません。

魂の感想を冷静に言うな

とりあえず冷えてるようなので冷えピタとしては使えそうですね。

この調子で集めていこうと思った矢先

!?!?!?!?!?

ちゃちゃまるの近くに『魂』が2つも・・・


彼をまだ死なせてはいけないと思い急いで回収しました。

もし私が魂集めをサボって寝ていたらどうなっていたでしょう。

想像しただけで寒気がします、
『魂』を所持してるからでしょうか。

そんなこんなで全部回収

お礼が貰えるので早めに返しに行きましょう。

縁起わっる

「ここで壊れたら面白いな」

なんて思いが0では無かったのですが、
いざ壊れると何とも言えない気持ちになります。

魂をお返し

全部集まったので返しに行きましょう。

『おわわー』て。

もっと良い喜び方を教えようと思いましたが、
幽霊だからいいやという理由で諦めました。


返そうと思ったのですが

選択肢があるなら仕方ないですね。

とりあえず『返さない』と面倒な人を演じてきましょう。

さすがの幽霊もお困りの様子。

そりゃ自分の体の1部を他人に預けっぱなし
というのはもはや恐怖に部類するのではないでしょうか。

しかし『返さない』という選択を続けます。

ド正論

ぐうの音も出ないほド正論です。


お礼も貰えるというのに頑なに返さない私、
愉快犯ほど面倒な存在もいませんが私は続けます。

「あ、ライン超えた」

即座にそう思いました。

彼は周囲に優しい人と言われるタイプですが、
キレたらヤバい奴に違いありません。


ここは折れましょう、素直に返しました。

なんとか元の姿に戻った様子。

『ぱっぱらぱ~』を聞いた瞬間に

「もう1回魂を飛ばしてやろうか」

などと思いましたが疲れたので今日は引きます。

お礼は選択式だったのですが、
家具という家具を持ってないので高価なものを選択しました。


人というのは金で行動が変わります
今後の人生で役立つので覚えておきましょう。

ちなみに『てつどうもけい』をもらいました。


ちゃちゃまるを観察

歩いてたらベンチにちょこんと座ってたので観察しましょう

どうやら飲み物片手にベンチで休憩中の様子。

背後を取ったせいか、飲み物を飲まなくなってしまいました。

少しだけ照れくさそうですね、
私の事が好きなのでしょうか?


ちなみに私が居なくなった後はリラックスして飲んでいた模様

(タップ/クリックで再生)

やはり信頼関係は距離

距離が大切だということでちゃちゃまるの横に座りました。

流石に足を向けるのは失礼だったでしょうか。

ちゃちゃまるの表情にも曇りが見えます。

「いやその距離はちょっと違うやん・・・」

そんな言葉聞こえてきそうです。

あまりに私の距離感がバグってしまったせいで、
ちゃちゃまるも何とも言えない表情をしています。

最後には悟りを開いてました

いやこれは『呆れ』でしょうか?

ただ私の表情もバグっているため気にすることもありませんでした。

私は何を思うのでしょうか。

私自身、分からなくなってきました。

第2回、終了

ここまでお読みいただきありがとうございました。


割とボリューミーになってしまったかもしれません。

ただ読むと書くとではスピードが違うので、
『量が多すぎる』『画像がすくねえ』
のようなクレームはコメントやTwitterにお願いします。


ちゃちゃまる、クソ可愛いですね。
それでは今日はこの辺で。


Twitter↓
@ヲーメン


あつ森の記事はコチラ↓
カテゴリー『あつ森

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる