【潰瘍性大腸炎】牛乳が飲めなくなりました

こんにちは、ヲーメンです。


潰瘍性大腸炎になり、
飲めない/食べられないものが増えました。


ストレスが1番良くないという事で、
肉やカレー(甘口)などは我慢しすぎない程度に食しています。


「これを食べて急に調子が悪くなった」

という事は今までほぼありません。
が、
牛乳だけは調子が悪くなりました。

下血まではいかないものの、
すぐに腹を下すようになってしまいました。


目次

牛乳は飲んではいけないのか?

潰瘍性大腸炎の患者さんが乳製品を摂る際に注意しなければならない、
もうひとつのポイントが「乳脂肪」です。
牛乳には、100gあたり3.8gの脂質が含まれています。
しかし、牛乳の水分中に小さな脂肪球として混ざっているため、
消化吸収は良いとも言われています。

ibd.qlife.jp/food/story5640.html


このように書かれていました。


絶対にNGという訳ではなく、
貴重なカルシウム供給源なので

「飲まない」

と決めつけるのはよくない。とのことです。

脂質制限の方は、
低脂肪/無脂肪の牛乳を選択するという手もあります。


一方で反対意見も

牛乳には動物性の脂質は多く含まれていますので、
潰瘍性大腸炎であれば、
まず控えた方が良いと考えるのが良いでしょう。

https://xn--pssq9c94fcqq5idd2bl0rg4w.com/2017/08/31/%E6%BD%B0%E7%98%8D%E6%80%A7%E5%A4%A7%E8%85%B8%E7%82%8E%E3%81%A8%E7%89%9B%E4%B9%B3%E3%83%BB%E4%B9%B3%E8%A3%BD%E5%93%81/?gclid=CjwKCAjwgbLzBRBsEiwAXVIygFKinxL_22aBXvqr1QtyNoTFntePymEgg6FDi3XC9WchjKYWMmEuYBoCTQoQAvD_BwE


牛乳に含まれる脂質が良くないという意見です。


腸内環境が悪化すると言われる

「過酸化脂質」

についても書かれているので、
気になる方は是非↓
乳製品は食べても大丈夫なの?潰瘍性大腸炎と牛乳・乳製品について


飲んでもいいが、良いものではなさそう


賛否両論あると思います。


個人的にはこう考えます↓

・人によって影響は異なる
・飲むなら低脂肪/無脂肪牛乳を選ぶのが良い
・調子が悪い時には飲んではいけない



実際自分は牛乳を飲んで腹を下すようになったため、
今回報告ついでに調べたところです。
(昔は飲んでも腹を下さなかった)


コーヒー牛乳や牛乳を使った食べ物は、
それほど悪影響は及ぼしていません。

尚、牛乳単体ですと確実に腹を下してしまいます。

潰瘍性大腸炎の方は、
飲むのなら低脂肪や無脂肪の牛乳をお勧めします。



他の潰瘍性大腸炎の記事はこちら↓
カテゴリー『潰瘍性大腸炎

コメント

コメントする

目次
閉じる