中学生の頃ネカマで○○万円ほど稼いだ話

こんにちは、ヲーメンです。


今日は雑記なのですが、

暴露
黒歴史



と言っても過言では無いブログを書こうと思います。


ちなみにハンゲというサイトでネカマしてました。

前置き


ネカマとは



ネット+おかま の略です。


つまり今回の話は


「中学生の時、女のフリして稼いだ」


と言う最悪な話です。本当に申し訳ない。
その分頑張って書くので最後まで是非見てください。

(ちなみに女性が男のフリをするのを「ネナベ」と言います)


ヲーメンという人間

<人生の半分がネット。

私は半生をネットに費やしています。


そんなネットとの出会いは小学生の頃

友達に
「チャットやらない?」


と誘われネットの沼に足を踏み入れました。


今思えば、
この誘いは人生の分岐点の1つだったかなと。


それぐらい
” 現在の私 “
を作る誘いでした。


チャットにどハマり


ええ、もうハマってました。


ハマるというよりも依存ではないかと思うレベル。

しかしチャットと言うのは面白いものでして、
知らない人と
” たわいもない話
をするの、本当に楽しいんです。

小学校は6年間1クラス/兄弟/従弟も居ない私にとって、
全く知らない人と会話するのは新鮮でした。


初対面の人と話してもいい、
仲良くなった人と話してもいい。


とにかく毎日が楽しかったです。


中学の頃、サークルに入る



サークルとは
→1人がオーナーとなり、グループ活動をする団体。
 大学と同じような感じ。


当時、ハンゲームにあるサークルの1つ
「券プレゼントサークル」
に所属していました。


ハンゲームでは 
券=お金
であり、中学生の私には目から鱗のサークルです。

服や、ゲームのアイテムなどが買える商品券↑


オーナーは自称金持ちのおじさんで、

「ゲームで1位~3位の人には券あげる」


というイベントを何回も企画し、
その度に本気でゲームに取り組みました。

それこそ興味の無いゲームも本気でやり込みました。


もはやアルバイトの域、勉強しろ。


サークル、キャバクラ化



券プレサークルは50人ほど居たのですが、
50人達成したくらいで新規加入が出来ないよう設定されました。

そして気付けばサークルに男1割女9割。


そう、サークルと言う名のキャバクラが出来ていたのです。


オーナーが金を巻き
メンバーは金に群がりながらもゲームで競い合う。


何という事でしょう。もはや見せ物です。

言うならばネット上の蜘蛛の糸でしょうか?
(まあ先ほどキャバクラって言ったんですけどね)

血眼になってサークルメンバーはゲームで競い合うのでした


女性優遇


女9割、キャバクラの時点でお察しの方もいると思います。


女性が優遇されます。


更にサークルにはオーナー以外に、
サブオーナーを5人設定する事が出来ます。


そしてオーナーが
「サブオーナーになった子は月にお小遣いあげる」

なんて言うものだから戦争勃発です。


ちなみにサブオーナーになるには

  • イベント参加率が高い
  • チャット頻度が高い
  • ゲームの勝利数が多い
  • オーナーのお気に入りになる

という条件が提示されました。


中学生の私は

「暇だからイベントは参加できる、
 チャットも好きだしゲームも割と自信がある」

と思い、とにかく金のために積極的になりました。


ネナベを疑われネカマへ


遂にチャットでオーナーにこんな事を言われます。

「ヲーメン君、もしかして女の子?」


そう、ネナベを疑われたのです。
(ネナベ=女性が男のフリをする)


私は一人称が『私』であり、
喋り方もチャット慣れしているので敬語。

女性と疑われても仕方ないようなチャットをしていたのです。


そして私は流れるように嘘を吐きます。


「はい笑 実は女子です>< よくわかりましたね笑」

ネカマ爆誕


内心ガッツポーズ、
罪悪感なんてものはチャットに無かった。


そしてオーナーがチャットに来る日は追いかけ、
私は無事サブオーナーとなるのでした。


2年ほどで3万円ほど稼ぐ


はい、中学生にとってはあまりにも大きい額です。

月のサブオーナーお小遣い、ゲーム賞金など。
男で活動していた時期含めて

3万円程稼ぎました。


ちなみに2年経つと私は高校受験に差し掛かるため、
中学生というのがバレないように


「目標を見つけたので引退します」


と言い残しサークルを脱退するのでした。


そんな訳で


こんな中学生時代を送ってました。
いや普通に部活とかもしてた。多分。


ちなみにネカマとしての喋り方/男の人の喜ばせ方等、
中学の頃に研究したので今でもネカマには自信があります。


このスキル、本当に持ってても意味が無いので何かに活かしたい。


「そのスキル活かしませんか?」


と言う方、是非Twitterまでお越しください。


では今日はこの辺で。
終わり!!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる