20年間彼女がいないと人はどうなるか

こんにちは、ヲーメンです。



人類は今日(こんにち)に至るまで子孫を残しその命を繋いできた訳ですが、
私ほどの面倒くさがりになると子孫を残す事さえ他人任せになっております。


つまり何が言いたいかと言うと

私は死ぬほどモテないのです

ごめんなさい、難しい出だしを考えようとしましたが限界でした。

まあモテないし異性の友達も片手だけで数えられるレベルです。


何故そうなのか?


そんな20年間彼女がいない男の奇行を紹介したいのですが、
まずは今に至るまでどれだけ女性と交流してきたかを書きたいと思います。

目次

20年間、どれほど異性と交流してきたか?

なんとも自分を残念に思う見出しですが幼稚園~専門学校まで書いていこうと思います。

そもそも書く事さえ皆無に近いですが読んでいけ。

幼稚園時代

正直モテた

人生には3回ほどモテ期があると言いますが3回分をここで使ったかと思うくらいにはモテました。

というかコミュ力が異常にあり男女関係なく仲良くしていた記憶があります。



そして人生初のラブレターも貰いました。


差出人はHちゃんで、文章は

「デートはあすなの?あさってなのどっち?」

と、初コンタクトでいきなり2択を迫られるというもの。

当時は恋愛感情なんてものは無かったのでお礼で済ました記憶があります。(なんというチャラ男)




極めつけは私1人に対して女子3人

私をポチエナに見立てる遊び

を何回かした記憶があります。

ポチエナというのはポケモンの犬のようなキャラなのですが、
私がポチエナになり女子と滑り台を滑ったりするとかいうヤベー遊びをしてました。


あまりにもヤバすぎて

「あれ、この記憶ってもしかして夢?」

と思ったこともありますがこの3人とは結構遊んでいたので現実だと思います。



そんな感じで幼稚園時代はコミュ力高い人間だったと記憶しています。

これが今出来れば顔関係なく異性の友達くらい出来るとは思いますが出来ないのでご愁傷様です。

小学校時代

まずここで話しておきたいのが、
私の学年は1クラスで6年間クラス替えなく一緒だったという事です。


そして男20人女10人くらいの比率だったので『男子は男子で』『女子は女子で』のような感じで過ごしてた気がします。

喋る女子とは喋るし仲良い人もいる。
それ以下でもそれ以上でもなく私自身は平穏な小学校時代でした。

中学時代

中学生と言えば初めて彼氏彼女が出来る子やクラスの誰が気になるだの恋愛が死ぬほど盛り上がる時期

そんな中私は何していたかと言うと

ネット廃人になってました

チャットにハマったりニコニコ動画を見たり毎日パソコンをカタカタしてました。


そうなるとガラケーのメールもネットスラングを使い

「今日の授業眠かったwww」
「いやでも俺はそう思わな(ry」



と、見返すと死にたくなるメールをたくさん送っていました。

当時のTwitterを振り返った記事↓

そしてネットを通じてこんな事を覚えます。

女子は裏でめちゃめちゃ怖い事考えてる

自分自身

「女子って怖いなあ」

なんて思うこともしばしばありましたがネットを通じてその考えを加速させます。


もちろん全員が全員そういう人間でないことは分かっていても、
この時期をさかえに異性が完全に苦手になりました。


そんな訳で中3の頃には異性との交流も無く高校へ入学します。

高校時代

無い

青春に相応しいこの時期に彼女どころか女友達もおらんでした。


とても失礼な言い方を承知で『モノ好きな人』が話しかけてくれましたが、
もはやここまで拗らせると女子と喋るにもアガってしまって苦し紛れの塩対応。


もう本当に申し訳ない、当時高校が一緒で話しかけてくれた女子の人本当にごめんなさい



稀に女子と喋っているところ見られたが最後

「ヲーメンが女子と喋ってる、雪降るぞ」

なんて言われる始末。私は雪女か。(超絶面白ギャグ)

専門学校時代

今の髪型になった専門学校時代ですがクラスの男女比率1:9

業務連絡もないので挨拶くらいでしか喋ってないし他クラスの女子も知らぬ始末。

でも今考えれば担任の先生が女性だったので割と喋ったかもしれません。

20歳のクリスマス、遂に奇行へ

20歳になったクリスマスこんな事を思います。


「クリスマスくらい忘れられないイベント作りてえな」


世間一般ではクリスマスになるとカップルがイルミネーションや吉野家に行ったりと、
凡人が羨むようなイベントを平気でSNSにUPしてきやがります。

それなら自分もイベントを起こしてUPしたらどうだ?

拗らせが限界まで来たようです。

イベントの内容は『クリスマスは冬だしシャワー冷たいから家で滝行しよう』というもの。


当時はブログなどやっていなかったのでInstagramにUPしました。

それがコチラです↓

View this post on Instagram

潰瘍性大腸炎を患って以来、物事の考え方が少し変わった。 これは持病を持つ人にしか分からないかもしれないが「持病でどうにもならねえ」という時は自分にしか分からない。つまり気付いてくれる人を待つのではなく自ら信号を送るか1人で解決するほかないのだ。 私は「嫌いな人には嫌われても良い、だから好き勝手言わせてもらう」というスタンスだったが、その頃からストレスが1番持病に負担がかかると言われ基本的に悪口、陰口等をやめた。これをやめるというのは違う場面でも効果が表れ、わざわざ嫌いな人を作って嫌悪感を抱く時間さえ無駄だなと感じるようになりスルースキルが上がった(自負)。 今後生きて行く上でスルースキルはかなり重要なものだと感じており、今後も人を卑下するような発言、思考はしないようにするつもりだ。 高校の頃、持病で入院した際にステロイドをかなり服用し現在では2週間に1度自己注射を行なっているせいか髪質が変わり毛根も死んでいるため30代になったらスキンヘッドにしようかと考えている。 人生は現在のところ1度しかないとのことなのでやりたい事はやるつもりだし、やりたくない事はやらないつもりである。 この動画はやりたかった事である。

A post shared by 否男 (@inaotokodayo) on

これが答えです

人間、本来ならば子孫を残すためパートナーを探すなどしますが最初からパートナーとなる候補の人間に苦手意識を持ち本能を放棄するとこうなります


簡単に言うと20年間彼女がいないとこうなるという事です。



ちなみに好きな女性のタイプは石油女王です。

年収が5億超えてる人で私の彼女になりたい方は是非Twitterかお問い合わせよりご連絡ください。



滝行をした彼女がいない人のTwitter↓
@ヲーメン

他の雑記記事はコチラ↓
雑記

目次
閉じる