【ヒュミラ】シリンジからペンに変えた感想

こんにちは、ヲーメンです。


毎回このような挨拶をしているのですが、
挨拶って大事なんですよ。

確かに
「私は病気に関してだけ知りたい」
って人もいると思います。


でも、まずは書いてる人を知ってほしい!


こんな人がこういう記事を書いてるっての大事だと思うんですよ。

思いませんか?思わないならごめんなさい。思え。


まあそんな訳で私はこういう人です、よろしくお願いします。

そろそろ本題入ります。


ヒュミラ シリンジ/ペンの違い


ヒュミラに関して知らない方は


「シリンジとペンってなんだよ」


と芸人のツッコミばりの疑問を抱くと思います。

簡単に言うとタイプです。

シリンジタイプ/ペンタイプと言う感じで、
現在2種類のヒュミラがあります。


こちらがシリンジタイプ


いかにも“注射器”って感じですね。

入院中に練習したのもシリンジタイプでした。

白透明の所がキャップです。


(入院中、練習した時の記事↓)
【潰瘍性大腸炎⑥】自己注射 or 点滴の選択



次にペンタイプ


シリンジタイプに比べ

「装備強化した?」

と言わんばかりの重量感。


注射器っぽさも無くなりました。

左の赤い場所がキャップです。


(ペンタイプの使い方の記事、動画あり↓)
ペン型ヒュミラ(自己注射)の使い方など


ペンタイプにした感想

準備の楽さ


早い、楽。


これに尽きますね。本当にびっくりしました。早え。


シリンジタイプは投与する前にこんな装置を付けてました


「ヒュープラスN」という補助具です。

注射器をこれにセットして投与していたのですが、
割と面倒くさい。補助具も用意しなきゃいけないし。



それに比べペンタイプ。超有能。

箱開けたらすべて揃ってる。
通販で

「これ1つで全て思い通り!」


って宣伝文句付けても問題ない。素晴らしい。


投与の痛みの違い


これは個人差が出ると思いますが、
ペンタイプの方が圧倒的に痛くない。


というより投与時間が少ない。


シリンジタイプの時は自分で力を調整していました。

急ぐと痛いし、針も自分で刺すので下手な時は痛みもありました。


日によって投与時間はバラバラでしたが、
1~3分くらいはかかってたんじゃないかと思います。



それに比べペンタイプ
10秒。

いや本当に初めて投与した時笑っちゃいました。


「え、早っ、終わったんだけど」


のような感じでボタン1つで終了。

個人的に針が刺さる瞬間も痛みはそれほど感じません
注入されてる時に少し感じますが10秒もあれば終わります。


ペンタイプにして良かった


はい、良かったです。
いやステマじゃないですよ?
本当にペンタイプ良いです。


今まで投与の日は

「あー今日ヒュミラか、面倒じゃい」


なんて思ってましたがペンタイプにしてからは


「はやく投与させてくれよ、あの薬」


なんて目が血走るほど投与が楽しいです。
薬は素晴らしいですね。本気にしないでください。




そんな訳で今日は
「シリンジからペンにした感想」でした。
最後に途中紹介したページまとめておきます。


シリンジタイプ初めて使った時の記事↓
【潰瘍性大腸炎⑥】自己注射 or 点滴の選択

ペンタイプの使い方、動画あり↓
ペン型ヒュミラ(自己注射)の使い方など



他の潰瘍性大腸炎の記事はこちら↓
カテゴリー『潰瘍性大腸炎

コメント

コメントする