【潰瘍性大腸炎⑥】自己注射 or 点滴の選択

こんにちは。ヲーメンです。


潰瘍性大腸炎のエピソードも6回目になり、
前回入院の思い出をブログに書きました。


いやお前退院の話は?


うっかり退院までの話をし忘れてしまいました。
お茶目ですね、適当に笑っておいてください。

という訳で今日は禁食後~退院までの話を書こうと思います。


目次

ヒュミラorレミケードの選択


禁食が終わり、3日後の事です。
私の病気を担当してくれた先生からお話がありました。


「レミケードかヒュミラどちらかを選んでほしいんだけど・・・」





まあ何のこっちゃって感じです。
どんなものか簡単に説明させて頂きますと、


レミケード

・定期的に来院し、病院で2時間ほど点滴を投与。




ヒュミラ

・自宅で可、定期的に自分で注射する。




だそうで。
正直な話これを聞いた瞬間


「ヒュミラの方が圧倒的に楽じゃね?」

と思い、すぐに


「ヒュミラでお願いします。」

と先生にお願いしました。



そうなんです、ヲーメンこと私は大の面倒くさがり
わざわざ病院に行ってまで2時間点滴するのは耐えられないと即決。


まあ雑な判断でしたが、
今考えれば自分を崇め奉りたいレベルで良い判断でした


ヒュミラの練習


「ヒュミラでお願いします」

と言った2日後、ヒュミラの練習が始まりました。
(自分で自分に注射する練習ですね)


ちなみにヒュミラはこんな感じです↓

いやInstagram。 


すいません、当時のヒュミラはこのような形でした。

今現在はペンタイプの物を使っています↓
ペン型ヒュミラ(自己注射)の使い方など


話が逸れました。
そんな訳で画像の注射を投与する練習です。


看護師「ヲーメンさん、練習は4本ですが大丈夫ですか?」


ヲーメン「ほう・・・?」


定期的に行うヒュミラは1回1本なのですが、
練習日は4本投与するそうです。(しました。)


あまりにも衝撃的で
” 敵キャラが隠し持っていた技を発動された “
ような反応をしてしまいました。



「いやー、自分に注射なんて出来るんかなあ」


なんて思ってたら普通に4本投与出来ました。慣れって怖い。
痛さは思ったよりも弱かったです。

注射針を刺す時、多少の痛みは感じますが
投与してる最中が1番痛いと感じました。


焦らないでゆっくりと注射をすれば痛みはさほど感じませんが、
焦ったり早くしてしまうと痛いので注意してください。


4日後、ついに退院


退院しました。
という訳で7/15~7/31の入院が終わりを告げました。


禁食が終わってからは血便が出ることも無く、比較的健康に過ごせました。

退院後、禁食以来初めてとなるジュース(カルピス)を飲んだのですが美味すぎて


「時代が時代なら革命が起きかねん」

と思えるほど衝撃を受けました。


あとプリンも食べたのですが、
カルピスと同様に衝撃的すぎて笑いが止まりませんでした


もしプリンを食べて笑いが止まらない人を見たら9割私なので、
気軽に声かけてください。写真くらいなら撮ります。


病院、本当にお世話になりました



そんな訳で入院の話は終わりです。

2週間の入院でしたが、体感的には2か月くらい入院してたんじゃないか。
と思えるほど禁食が辛かったです

看護師の方や医者の方に大変お世話になりました。
ありがとうございます。



【潰瘍性大腸炎⑤】入院時の思い出
前回はこちら↑

次回はこちら↓
【潰瘍性大腸炎⑦】専門学生時代、どう乗り切ったか


他の潰瘍性大腸炎の記事はこちら↓
カテゴリー『潰瘍性大腸炎

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる