【潰瘍性大腸炎】現在行ってる治療法、飲んでいる薬など

こんにちは、ヲーメンです。


今日は
「現在行っている治療法、飲んでいる薬」
を紹介しようと思います。


ちなみに潰瘍性大腸炎はこのように書かれており、

現在、潰瘍性大腸炎を完治に導く内科的治療はありませんが、
腸の炎症を抑える有効な薬物治療は存在します。
治療の目的は大腸粘膜の異常な炎症を抑え、症状をコントロールすることです。

https://www.nanbyou.or.jp/entry/62


完治の治療法が無いです。


なので薬で炎症を抑えながら生活しています。

それでは、紹介していきます。


目次

飲み薬


現在2種類の飲み薬を飲んでいます。


1つ目が↓

「ミヤBM」です。


1日3回、毎食後に飲んでいます。


おなかの調子をよくする薬であり、
下痢や便秘に用いるそうです。
副作用も無いので安心して飲めます。


詳しくはこちらに書いてあります↓
酪酸菌:ミヤBM



そして2つ目が↓

「ペンタサ」です。


1日2回、朝夕の食後に飲んでいます。


効果としては、腹痛や血便の改善で
クローン病、潰瘍性大腸炎に用いられるそうです。

副作用として、
下痢、下血・血便、腹痛、発疹、発熱、尿着色などが報告されています。

https://www.qlife.jp/meds/rx42018.html


私は数年ペンタサを服用していますが、
目立った副作用は出ていません。


詳しくはこちらに書いてあります↓
ペンタサ顆粒94%の基本情報


その他の薬


飲み薬以外にはヒュミラを投与しています。
ヒュミラの記事


こちらがヒュミラ↓


2週間に1回、投与しています。


効果としては

脊椎や関節の痛み、こわばりを改善し、 CRPなどの炎症反応を低下させ、さらにはMRIなどで認められる 炎症の所見などを消退させることが確認されました。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~asweb/tomonokai/rakuchin/medical/biological_drug_recent_topic.htm


とのことです。

実際私もヒュミラ投与してから、
病状が悪化しにくくなりました。


主な副作用としては

●注射部位反応
注射した場所が,赤くなったり腫れたりすることがあります.
●風邪のような症状
上気道感染や副鼻腔炎など,風邪のような症状がみられることがあります.
●アレルギー症状
発熱・発疹・口内異常感・皮膚のかゆみや赤み・熱感などの症状があらわれることがあります.

http://www.e-humira.jp/patient/pps/know/know06.html


上記の3つがあげられています。

私はヒュミラに関しても副作用が出たことはありません。


他の注意すべき副作用は下記URLに↓
【患者さま】乾癖/知る/ヒュミラRの副作用
(患者向けのページです)


1年に1度、大腸カメラ


腸内の状態を見るために、
1年に1度大腸カメラを行っています。


「いくら調子が良くても、腸内の状況は良くない。」

という事もあるので今後もしっかりと治療は続けていきます。


内視鏡の記事↓
【潰瘍性大腸炎②】内視鏡(大腸カメラ)の話


今後も症状を抑えながら治療


原因が不明の病気で完治の治療法も見つかっていないので、
今後もこんな生活が続いていきますね。


何かあった際にはブログに書くのでよろしくお願いします。
それでは今日はこの辺で。


他の潰瘍性大腸炎の記事はこちら↓
カテゴリー『潰瘍性大腸炎


目次
閉じる